酒の新茶屋地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.12月

s-kai12.12.jpg
今年もあとわずか。今年一年どんなお酒を楽しまれたでしょうか?
今月の地酒頒布会は蔵からしぼりたての原酒をのみくらべ
まずは、ご存じ「八海山」の蔵元から
11月下旬に訪ねた八海山の蔵元の様子もご覧ください。
■八海山 越後で候 赤越後
蔵元 八海醸造(新潟県南魚沼市)
・純米吟醸 無濾過生原酒
・精米歩合 50%
・アルコール度数 17.5度
※精米歩合は大吟醸クラスの50%でありながら純米吟醸と銘打っているところが
 普通酒から吟醸造りを手掛ける蔵元ならではの表示。
 全国にその名を知られる蔵元の特別な限定酒をじっくりとご堪能ください。
■越の華  しぼりたて吟醸生
・蔵元 越の華酒造(新潟市)・吟醸 無濾過生酒
・精米歩合 60%
・アルコール度数 18-19度
※蔵の味をそのままに一切の熱処理をしない生酒です。アルコールが高めですからロックか冷酒 がおすすめです。
 蔵元の越の華酒造は、日本一の長河「信濃川」の河口付近。
 小さい蔵ながら蔵のある地域は醸造の町として江戸時代から栄えた歴史あるところ。
 県都の中心部でありながら蔵の周辺は昔の面影を残す風情ある佇まいです。
 一昨年1月に酒造りの最盛期に蔵をお尋ねした時の様子と一緒にご覧ください。
米を蒸す作業 麹づくり1 麹づくり2 越の華のオリジナル酵母

新潟地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.10月

お詫び:PCの機種変更に伴い、このコーナーへの投稿ができなくなり、ようやく復活いたしました。頒布会のお知らせが7.8.9月とできずにご迷惑おかけいたし大変申し訳ございませんでした。
今月のお酒はちょっと贅沢な越淡麗の純米吟醸酒と県内限定のお酒でお楽しみください。
2012.10.jpg
新潟県内では最大の蔵元「朝日山」「久保田」で知られる
朝日酒造の季節限定酒から
■朝日山 越淡麗 純米吟醸
モノトーンのシャッキリとしたパッケージとラベルが斬新。
香りの高い高級感のある純米吟醸ですから
少し冷やして味わってお楽しみください。
先日、蔵元を訪ねた時のブログと一緒にお楽しみいただけましたら幸いです。
・蔵元 朝日酒造(新潟県長岡市)
・アルコール度数 15.5度 ・原料米 越淡麗100% ・精米歩合55% 
■特別本醸造 越乃白銀
蔵元の高野酒造(新潟市)の
新潟県内限定特約店「越乃白銀会」のみで販売される特別なお酒です。
日常に吟醸酒を手軽にというコンセプトで作られた「清酒 越乃白銀」ですが
その清酒にさらに大吟醸をたっぷりブレンドしたのが「特別本醸造 越乃白銀」です。
切れ味の良いスッキリとした飲み口が料理の味を邪魔せずに楽しめます。
・蔵元 高野酒造(新潟県新潟市)
・アルコール度数 15-16度 ・原料米 五百万石 ・精米歩合60% ・日本酒度 +5
【新潟地酒頒布会/いかがで酒の会】のご案内
地酒王国と言われる新潟の酒蔵のおすすめ地酒を
旬なお酒を中心にお届けする地酒頒布会です。
毎月720ml が2本届きます。
お支払い方法は郵便振替、銀行振込に限らせていただきます。
(ただし、1年間前払いの場合のみ代引きが可能です。)
会費は毎月 3,700円(本州の場合、送料・箱代など諸費用全て込み)
本州以外の場合は 送料加算あります。 
北海道・九州・四国は毎月4,100円 沖縄は4,300円です。
ご自分で楽しむほかにも
一年間毎月真心が届くギフトにもご利用いただいています。
(例:退職祝い・結婚祝い・感謝の気持ちなど)
詳しいお問い合わせは何なりと酒の新茶屋まで
無料電話 0120-980-885(8:00-22:00OK)

地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.6月

2012.6.JPG
今月は鬱陶しい梅雨空を吹き飛ばす、スッキリ生の2本です。
まずは、糸魚川市の蔵元「田原酒造」の「雪鶴」のお酒から
■雪鶴 純米吟醸 無濾過生酒
お酒は、純米吟醸のモロミを「袋搾り」という手法で丁寧にしぼります。
無理な加圧はせずに走りの部分と中垂れの部分のみを集めて製品にしていますから
チョッと贅沢なお酒です。
香高久フレッシュで旨味豊かな力強い味が特徴。
純米酒の旨味をそのままにキレの良さが光ります。
・蔵元 田原酒造(新潟県糸魚川市)
・アルコール度数 16度 ・原料米 五百万石(新潟産) ・精米歩合58% ・日本酒度+4
■金鶴 純米吟醸生原酒
今年、「朱鷺」のヒナ誕生で話題の佐渡島からのお酒です。
3月に搾ったお酒を,生まれたての味わいをそのまま原酒で瓶詰めして1度Cの冷蔵庫で貯蔵しました。小さな藏ながら佐渡の酒ならここの藏!というほど人気の酒蔵の夏季限定酒です。
・蔵元 加藤酒造店(新潟県佐渡市)
・アルコール度数 16-17度 ・原料米 五百万石他 ・精米歩合64% ・日本酒度 +3
どちらも、しっかり冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。
お酒に弱い方はオンザロックでゆっくり楽しむのもおすすめです。
【新潟地酒頒布会/いかがで酒の会】のご案内
地酒王国と言われる新潟の酒蔵のおすすめ地酒を
旬なお酒を中心にお届けする地酒頒布会です。
毎月720ml が2本届きます。
お支払い方法は郵便振替、銀行振込に限らせていただきます。
(ただし、1年間前払いの場合のみ代引きが可能です。)
会費は毎月 3,700円(本州の場合、送料・箱代など諸費用全て込み)
本州以外の場合は 送料加算あります。 
北海道・九州・四国は毎月4,100円 沖縄は4,300円です。
ご自分で楽しむほかにも
一年間毎月真心が届くギフトにもご利用いただいています。
(例:退職祝い・結婚祝い・感謝の気持ちなど)
詳しいお問い合わせは何なりと酒の新茶屋まで
無料電話 0120-980-885(8:00-22:00OK)

地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.5月

ikaga5.JPG
今月のお酒は全国にその名を知られる「菊水酒造」さんのお酒と
小さな小さな地元柏崎の地酒藏「石塚酒造」さんの取って置き酒のセットです。
では、今月の頒布会のご紹介です。
■ 菊水 吟醸 無冠帝
「無冠帝」は、新時代に相応しい性別、年代別、飲酒意向に沿って
「手ごろな価格で吟醸酒をのみたい」「もっとお酒を知りたい」
「最近吟醸酒が大好きになってきた」というこれからの日本酒ファンに
向けて醸されたお酒です。
名前の由来は「無冠の帝王」からきています。
気軽に吟醸の味わいをお楽しみください。
今月、菊水酒造さんを訪問したときのブログもあわせてご覧ください。
・蔵元 菊水酒造(新発田市)
・アルコール度数 15%   ・精米歩合:55% ・やや辛口
・おすすめの飲み方 常温、冷やして、ロックで
■本醸造生原酒 取って置きの かめぐち酒【要冷蔵】
小さな田舎酒屋の地酒ですが
多くのファンに愛される「かめぐち酒」です。
五月に雪中貯蔵酒のかめぐち酒が蔵出しされますが
昨年の頒布会はそちらのお酒でした。
今年は趣向を変えて、藏でさらに1年低温熟成させた「とって置き」の熟成酒で。
藏であるだけの【限定酒】です。
今年の新酒の出る頃に石塚酒造さんを訪ねた時のブログご覧下さい。
・蔵元 石塚酒造 (新潟県柏崎市)
・アルコール度数 19.5% ・精米歩合 65% 
・おススメの飲み方 必ず冷蔵庫で保存して、冷やしてお召し上がりください。
原酒ですから、ロックでもしっかりとした味わいが好評です!
strong><<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

酒の新茶屋 地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.4

越後地酒の関所「酒の新茶屋」 <<全国地方発送承ります>>
12.4ikaga.JPG
新潟の今年の春は大変遅く、今回蔵元訪問させていただいた越乃白鳥(第一酒造)さんも4月上旬でまだ残雪がタップリ残っていました。
今月の頒布会酒はそんな遅い春の酒蔵さんからと
当店地元柏崎市の原酒造さんのお酒をお届けさせていただきました。
では、今月の頒布会のご紹介です。
■ 秘伝仕込み 純米吟醸 越乃白鳥
新潟の代表酒米である五百万石で仕込んだやや甘口の穏やかな口当たり。
藏秘伝の醸造技法の醍醐味をお楽しみください。
待ちわびた春の日差しを思わせるお酒です。やや冷やしてお召し上がりください。
・蔵元 新潟第一酒造(新潟県上越市浦川原区)
・アルコール度数 16%  ・使用米 五百万石 ・精米歩合:55% ・やや甘口
大吟醸生酒 越の誉
一足お先に初夏~夏の生酒です。
大吟醸生酒ならではのフルーティな香りとシャッキリとした喉越しが
これからの季節に楽しみです。
勿論、キリッと冷やしてお呑みください。
・蔵元 原酒造(新潟県柏崎市)
・アルコール度数 15% ・酒米:たかね錦 ・精米歩合:麹米50% 掛米45%
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.3月

越後地酒の関所「酒の新茶屋」 <<全国地方発送承ります>>
s-2012.3.jpg
雪解け遅い今年の新潟ですが・・・
毎年3月の新潟は寒造り新酒や「新潟 酒の陣」で
熱気のこもった春が一足お先に満開いたしました!
では、今月の頒布会のご紹介です。
■ 吟田川 無盧過大吟醸生原酒 氷の雫
今年も大変お待たせいたしました。
蔵元さんでは今年の厳しい寒さで仕上がりにかなり時間がかかり心配していましたが
香りは例年より控えめながら長期低温熟成のお陰で仕上がりは上々。
レトロな開栓瓶でひときわ味わいが引き立ちます。冷やしてお召し上がり下さい。
■蔵元 代々菊醸造(新潟県上越市)
■アルコール度数 17%  ■山田錦 ■精米歩合:40% ■日本酒度:+4(辛口)
鶴齢 雪男
雪深い魚沼の地で醸された淡麗辛口酒。
常温でも辛口ですが、熱燗で更に辛さが引き立ちます。
ヌル燗なら少し柔らかさが出た味が・・・ 温度でいろいろ変化を楽しんでみてください。
今回は「新潟酒の陣」にちなんだ特別限定ラベル。
■ 蔵元 青木酒造(新潟県南魚沼市)
■アルコール度数 15-16% ■精米歩合 65% ■日本酒度 +7.5 
■酒米 こしいぶき・五百万石
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.2月

新潟の地酒と絶景を楽しめる「越後地酒の関所=酒の新茶屋
s-DSC00752.jpg
今月は「美味しんぼ」で紹介された純米酒と
人気の「良寛」を季節限定の生酒でお楽しみいただけます。
同じ純米吟醸のタイプの違いを比べてみてください。
先日藏を訪ねた時のブログはコチラ
■ 純米吟醸 越乃鹿六(こしのかろく)
人気グルメ漫画「美味しんぼ」の中で、テーブルタイプのお酒として
エスカルゴ料理にワイン以上に実力を発揮すると評された純米酒です。
鹿六の「しか」は神の使い、「六」は第六感を表していて、
そのルーツは「料理の祖神」とされる
日本神話に登場する磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)から
とのことです。
飲めば貴方の第六感も冴えるかも知れません(笑)
■蔵元 近藤酒造(新潟県五泉市)
■アルコール度数 15%  ■五百万石  ■精米歩合:55% ■日本酒度:+4(辛口)
■美の川 純米吟醸生酒 良寛
季節を味わう無盧過生酒です。
いつもの良寛の持ち味である「豊かな旨味を残したまま」出荷されました。
生酒のもつフレッシュさと無盧過でお酒本来の旨味を一緒にお楽しみください。
■蔵元 美の川酒造(新潟県長岡市)
■アルコール度数 16% ■精米歩合 55% ■日本酒度 +3 
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

酒の新茶屋 地酒頒布会「いかがで酒の会」2012.1

いかがで酒の会 2012年1月のサムネール画像
毎年恒例の新年は越後鶴亀で始まりです。
伝統の越後の蔵元の風情を今に残す蔵のご紹介も
是非ご覧下さい。

■越後鶴亀 純米吟醸 招福神
全量新潟県産米を使い少量仕込みで丁寧にかもされた
その名も目出度い純米吟醸「招福神」
含み香があり、ボリューム感のある味わいが目出度い気分を
一層盛り上げます。
お正月はもちろん、新築や敬老の日、開店祝いなど
祝い事のギフトにも年間通じて喜ばれます。
■蔵元 越後鶴亀(新潟市西蒲区)
■アルコール度数 15-16%
■使用米 五百万石・こしいぶき 精米歩合 55%(新潟県産米)
■日本酒度 +4(辛口)
■越後鶴亀 純米酒
米を思わせる香りと純米酒特有のコクが特徴です。
ぬる燗でじんわりと味わうのもお奨めです。
2009年2010年連続でベルギーでの食品分野の審査をするモンドセレクションで金賞受賞!
昨年(2011)には第82回関東甲信越国税局酒類鑑評会で純米酒の部で優秀賞受賞
■蔵元 越後鶴亀(新潟市西蒲区)
■アルコール度数 15-16度
■精米歩合 60% 
■日本酒度 +3(辛口)
■使用米 五百万石・こしいぶき(新潟県産米)
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

地酒頒布会「いかがで酒の会」2011.12月

s-DSC00509.jpg
いよいよ一年をしめくくる師走。
今月は大晦日が一番似合うお酒と、新潟純米仕込み一筋の蔵元のお酒のセットです。
■今代司 特別純米酒 天然水仕込み
今代司は、新潟市の中でも昔から酒藏、味噌藏、醤油藏などが盛んだった
沼垂(ぬったり)の地にあります。
いまでは酒蔵は2件だけになってしまいましたが
中でも今代司は明治三十年代に建てられてという老舗藏の風情をのこした酒蔵です。
全量純米酒仕込みというこだわりの藏の純米酒をお楽しみください。
燗酒にもおすすめです。
■蔵元 今代司酒造(新潟市)
■アルコール度数 15%
■使用米 五百万石 精米歩合 60%
■日本酒度 辛口
■朝日山 ゆく年くる年 特別本醸造
一年で「大晦日」は特別な日です。
ゆく年とくる年が交差する厳粛な時間を過ごすにはこのお酒ほど
似合うお酒は無いと思います。
今年は、「新蔵」「新米」「新酒」と三つの「新」が揃った
特別なお酒です。年越し蕎麦にも似合いそうです。
■蔵元 朝日酒造(長岡市)
■アルコール度数 15-16度
■精米歩合 精米歩合 麹米50% 掛米55%
■日本酒度 +6(辛口)
■使用米 五百万石
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

いかがで酒の会 今月のお酒/2011.11月

s-2011.11.jpg
今月は、酒どころ新潟の中でも酒蔵の多い上越市の二つの蔵元からお届けします。
■吟田川(ちびたがわ) 吟醸
名水「吟田川」を仕込み水に使い、独特なキレと旨味を醸しだすと評判の
小さな越後の蔵元「代々菊醸造」から
この秋に待望の吟醸酒が発売されました。
■蔵元 代々菊醸造(上越市)
■アルコール度数 15.5%
■使用米 越淡麗 精米歩合50%
■少し男性的な辛口です。

■ 特別純米 妙高山

妙高酒造の杜氏・平田正行氏は、全国新酒鑑評会で十回の受賞暦を誇る名杜氏です。
今月はその杜氏が仕込むお米を自ら栽培して
理想的な酒米を育て上げ、それを仕込んだという「杜氏ブランド」というべき
純米酒です。
杜氏が納得のいく酒造りを目指した逸品をとっくりと味わってください。
■蔵元 妙高酒造(上越市)
■酒米 杜氏栽培米・五百万石
■アルコール度数 15.8度
■精米歩合 60%
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。