鮎正宗 純米吟醸生酒 初鮎

鮎正宗 純米吟醸生酒 初鮎

蔵内に湧き出る湧水仕込みのしぼりたて「<a href=”http://www.oumigawa.com/hatuayu_jyunnama.html”>初鮎</a>」。
優しい甘さが心地よい酔いの世界に誘います。
新年にふさわしい若鮎のフレッシュさを思わせる口当たりをどうぞ。

鮎正宗 純米吟醸生酒 初鮎
■蔵元:鮎正宗酒造 (妙高市)

酒の新茶屋 いかがで酒の会 令和2年1月

新潟地酒頒布会 いかがで酒の会 令和2年1月

開けましておめでとうございます。
今月、新年にふさわしいお酒に選んだ2本は
始まりと飛翔です。

■有りがたし 純米酒
蔵元:越後杜氏の郷(上越市)
日本酒本来の米の旨さを「有難く」味わる1本。
低農薬で地元で育てた酒米・山田錦を、わずか10%だけしか磨いていません。
従来の日本酒にはない米の生命力を感じさせる一本です。
酒銘の名付け親はコピーライターの糸井重里氏。

■越の鶴 純米無濾過生酒 鶴飛千尺雪
蔵元:越銘醸(長岡市)
ラベルの漢詩は 禅の言葉で「鶴は千尺も積もった雪をけ破って天空に飛び立つ」
という意味。
異例の暖冬となった今冬ですが
冬の清涼な雪原に奥深い意味を込めた言葉を
味わいながらどうぞ。

毎月、会報「のんべえ毎日」とお酒の解説書付き
平成8年から毎月一回休まず続く歴史ある頒布会です。
会費は 3,980円(本州) 月720ml×2本
季節の限定酒などを中心にお届けします。
※1個口なら会のお酒以外の同送のお酒の送料は不要です。