いかがで酒の会 今月のお酒/2011.11月

s-2011.11.jpg
今月は、酒どころ新潟の中でも酒蔵の多い上越市の二つの蔵元からお届けします。
■吟田川(ちびたがわ) 吟醸
名水「吟田川」を仕込み水に使い、独特なキレと旨味を醸しだすと評判の
小さな越後の蔵元「代々菊醸造」から
この秋に待望の吟醸酒が発売されました。
■蔵元 代々菊醸造(上越市)
■アルコール度数 15.5%
■使用米 越淡麗 精米歩合50%
■少し男性的な辛口です。

■ 特別純米 妙高山

妙高酒造の杜氏・平田正行氏は、全国新酒鑑評会で十回の受賞暦を誇る名杜氏です。
今月はその杜氏が仕込むお米を自ら栽培して
理想的な酒米を育て上げ、それを仕込んだという「杜氏ブランド」というべき
純米酒です。
杜氏が納得のいく酒造りを目指した逸品をとっくりと味わってください。
■蔵元 妙高酒造(上越市)
■酒米 杜氏栽培米・五百万石
■アルコール度数 15.8度
■精米歩合 60%
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

地酒頒布会「いかがで酒の会」2011.10月

s-2011.10.jpg
■越の魂(こしのたま) 純米吟醸
新潟の北にある村上市にある蔵元で
終戦後14つの蔵元が集まった酒蔵「大洋酒造」のお酒です。
このお酒は合併直後に使われていた酒銘ですが
戦後数年で消えた幻の酒銘を復活させました。
「魂」は「たましい」ではなく「たま」と読み
当時占領下にあったGHQに配慮してのことといいます。
米の旨味が伝わる越後杜氏の気概が伝わる1本です。
■蔵元 大洋酒造(村上市)
■アルコール度数 15%
■使用米 五百万石 精米歩合55%
■相性の良い料理  刺身などのあっさりとした味の料理にあいます。
■ 名水仕込み 特別純米 景虎 洞窟貯蔵酒
いかがで酒の会頒布会としては好評につき
昨年にひきつづき2度目の登場です。
春に出来た新酒を半年以上じっくりと洞窟で貯蔵して蔵出しされました。
春に貯蔵するため、春先の予約にて限定の数だけしか出ない貴重なお酒です。
■蔵元 諸橋酒造(長岡市)
■アルコール度数 15-16度
■精米歩合 55%
<<新潟の地酒を毎月お届けする頒布会のご案内>>
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
720mlの2本セットが基本ですが
ご要望により1800ml や1本、隔月など
頒布会パターンはご自由にできます。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

酒の新茶屋 地酒頒布会「いかがで酒の会」2011.9

2011.9.JPG
厳しかった夏もようやく去ろうとしています。
ほっと一息つける季節になりました。
9月といえば「ひやおろし」「秋あがり」と言われる
旬のお酒が楽しみです。
■久比岐 越淡麗 純米吟醸
蔵人が丹精込めた越淡麗100%で仕込んだお酒です。
上品な香りとふくよかな味わいが広がります。
今月酒蔵を訪ねてきました。
蔵元:頚城酒造(新潟県上越市柿崎区)
アルコール度:15-16度
■越の華 純米吟醸生詰 ひやおろし
春に出来た新酒を1回火入れして大樽に入れて夏を越したものを
涼しくなった頃に火入れをせずにそのまま詰めて出荷されるお酒を
「生詰め酒」といいます。
程よく熟成した今の季節ならではの日本酒の味わいをお楽しみください。
蔵元を訪問した時のブログもご覧ください。
蔵元:越の華酒造(新潟県新潟市中央区)
精米歩合:60%
日本酒度;+2(やや辛口)
酒米:五百万石・新潟県産米
酒の新茶屋新潟地酒頒布会「いかがで酒の会」
毎月3,700円(送料諸雑費込・本州料金・本州意外は送料加算で4,200円)で
720mlで2本の新潟の旬な地酒をお手元へお届けいたします。
詳しくは酒の新茶屋まで
フリーダイヤル 0120-980-885
メール kura@oumigawa.com
お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しい資料をお届けさせていただきます。

地酒頒布会「いかがで酒の会」2011.7月

2011.7gatu.JPG
今月は雪中貯蔵酒と純米大吟醸ののみくらべです。
■越の初梅 雪中貯蔵酒 純米吟醸
・蔵元 高の井酒造(新潟県小千谷市)
・新潟県内初の雪中貯蔵酒として誕生!
 暑気払いにグンと冷やしてお召し上がり下さい。
 蔵元の様子は酒の新茶屋女将の蔵元訪問ブログをご覧ください。
■純米大吟醸 目黒五郎助
・蔵元 玉川酒造(新潟県魚沼市)
・アルコール度数 15-16度
・精米歩合 50%
・日本酒度 +2(中口)
 蔵元の初代の志を継いで335年の藏の歴史をちょっと贅沢なお酒に託して。
 冷やしすぎずじっくりと旨さを味わってみてください。
 気軽に蔵見学もできます。
 今月蔵元を訪問した折の様子はこちらのブログでご覧ください。

地酒頒布会「いかがで酒の会」2011.6月

2011.6.JPG
毎月1回ご自宅まで新潟の「旬の地酒」をお届けする酒の新茶屋地酒頒布会です。
今月は氷温貯蔵の純米吟醸と伝統の辛口酒でお楽しみください。
氷室貯蔵 純米吟醸酒 氷室手前(ひむろてまえ)
寒の季節に低温でじっくりと醗酵させた純米吟醸酒を氷室貯蔵(0度C前後)して、
穏やかな含みかとまろやかな旨味を引き出した一手間かけたお酒です。
夏に向って、爽やかで、ちょっと酸味の利いた味がお料理を更に美味しく引き立てます。
氷室手前由来
茶事から由来した言葉で、夏の盆略手前(ぼんりゃくてまえ)の際に
氷を入れたガラス器等をつかって涼しさを演習する風情ある演出法です。
・蔵元 美の川酒蔵(新潟県長岡市)
・アルコール度 16-17度
・日本酒度 +4(辛口)
・酸度 1.5
・精米歩合 55%
・のみ方 冷やして、オンザロックでも美味しくいただけます。
麒麟山 伝統辛口原酒
辛口で切れ味の良い清酒造りを目指してきた麒麟山酒造の象徴である伝統の辛口は「伝辛(でんから)」として親しまれていますが、今回この伝辛の原酒が蔵出しされました。
古いラベルをイメージしたレトロなデザインで、昔から変わらない辛口への想いを表現しました。
原酒ですのでオンザロックでも大変美味しくいただけます。
・蔵元 麒麟山酒蔵(新潟県東神原郡阿賀町津川)
・原材米: 五百万石 / こしいぶき
・日本酒度: +6
・精米歩合: 65%
・アルコール度: 21~22度
・のみ方 常温・冷やして・オンザロック
<<酒の新茶屋・いかがで酒の会>>について
毎月一回(時期は入荷日により異なります)
利き酒師・酒の新茶屋女将が貴方に代わってお酒をお選びします。
月会費:3,000円(地元配達の場合)
    3,700円(地方発送本州地区の場合)
    4,100円(北海道・四国・九州地域の場合)
    4,300円(沖縄の場合)
    ※地方発送の料金の中には送料・箱代などの諸料金を全て含みます。
    ※地方発送の代金お支払いは郵便振替に限ります。
    ※年間会費一括払いもお受けしております。
     (途中退会の場合は未発送分の代金返金できます)
<ご入会・退会について>
ご入会は随時。酒の新茶屋まで電話0120-980-885または
メール kura@oumigawa.comde でお申込みください。
退会はご自由ですが退会月の前月までにご連絡ください。

いかがで酒の会 今月のお酒/2011.5

酒の新茶屋が毎月新潟の地酒を選んでおとどけする頒布会「いかがで酒の会」
今月のお酒のご紹介です。

チョッと今回はタイプの違ったお酒の呑み比べです。
姫乃井 本醸造生原酒 雪中貯蔵 かめぐち酒
日本酒の醍醐味はなんといっても
日本の四季を愛でる感性で「旬の味」をたのしめること!
姫乃井(石塚酒造/新潟県柏崎市)の「かめぐち酒」は
立春の頃に風情たっぷりなカメに入って蔵だしされる地酒ですが
その旬の味をさらにグレードアップして夏にも楽しみたいという
「かめぐち酒」ファンの声から生まれたのが
この「雪中貯蔵 かめぐち酒です。
深い雪に埋もれた藏の中の「雪眠祠」という貯蔵庫で数ヶ月を
熟成して出荷されます。
ちょっと強めのインパクトのある原酒の生ですが
雪の中で熟成されることによってまろやかな味わいを加速させてくれます。
生酒ですので保存は要冷蔵。
ちょっと汗ばむくらいの初夏の頃に冷えたこの酒が喉を潤します。
■原料米:五百万石/新潟県産地米 ■精米歩合:65% 
■日本酒度:+3  ■酸度:1.3  ■アミノ酸度:1.4  ■アルコール度:19.5度 
越の華 大吟醸 新潟県内限定販売酒
こちらは、酒米「ゆきの精」を50%まで磨き上げた大吟醸です。
大吟醸ならではのほのかな香りと喉越しの良さが楽しめます。
冷やして飲むのは勿論ですが、これから梅雨時ちょっと肌寒い日などは
そのまま冷酒で飲めば膨らみのある味わいが楽しめます。
越の華酒造(新潟県新潟市)から新潟県内限定でのみ販売の大吟醸です。
■原料米:ゆきの精 ■精米歩合:50% ■アルコール度:15-16度 ■日本酒度:+3
いかがで酒の会 会費毎月3,700円(本州以外は4,100円)
お酒720ml2本と送料、発送に関わる諸費用すべて込みの会費です。
毎月会費は同じです。酒の新茶屋利き酒師の店長が選んだ新潟の地酒を月替わりでいろいろ楽しめます。

いかがで酒の会 今月のお酒/2011.4

2011.4set.JPG
■謙信 純米吟醸 無濾過瓶火入れ
 蔵元 池田屋酒造(新潟県糸魚川市)
 
 ・アルコール度 17度 ・日本酒度 +2 ・酸度 1.5 ・アミノ酸度 1.5
 ・精米歩合 55% ・使用米 五百万石、山田錦
 ikedata.JPG
 富山県と長野県との県境を有する新潟県最南の糸魚川市の旧街道の家並みにある
 池田屋酒造の「謙信」は、戦国時代武田軍と上杉軍の戦の中で「敵に塩を送った」という
 逸話の地です。
 その名の「謙信」を酒銘に、淡麗な中にもしっかりとした味わいのある酒を醸しています。
 今回は、最後の濾過をしていないため、いわばスッピンの酒として味わいがより深くなっています。
 ■峰乃白梅 特別純米酒 なま酒
  蔵元:福井酒造(新潟県新潟市)
 ・アルコール度 16度未満 ・日本酒度 +3前後 ・酸度 1.3度 
 ・精米歩合 60% ・使用米 五百万石(100%新潟県産米)
 新潟代表酒米である「五百万石」を100%使って、新潟淡麗流技法の低温長期熟成仕込で
 しあげた春に相応しいなま酒です。
<<酒の新茶屋 地酒頒布会 いかがで酒の会>>
毎月1回新潟の旬な地酒を720ml×2本お届けいたします。
■会費 3,700円
(送料、箱代などの諸雑費すべて含みます・ただし本州以外は送料追加分で毎月4,100円です)
■入会退会は自由ですが、入会は毎月20日以降のお申込みは翌日から、
 退会は退会希望月の前月末までにお知らせください。
 ただし、健康上などやむをえない場合は当月でも退会できます。
 

いかがで酒の会 今月のお酒/2011.2

2011.2.-sJPG.JPG
毎月新潟の地酒をお届けする頒布会です。
会費:3,700円(税込み、送料諸費用すべて込み)
         (本州お届けの場合です。本州以外は会費4,100円です)
【今月のお酒】
越の誉 純米無濾過生原酒 ごくうま
その名のとおり、米の旨味と原酒ならではの濃厚なインパクトある味が特徴です。
淡麗辛口として知られる新潟の酒ですが、「ごくうま」は甘さのある力強さでお楽しみください。
■蔵元:原酒造(新潟県柏崎市)
■アルコール度 : 17.5%
■原料米 : 五百万石
■精米歩合 : 65%(
■日本酒度:-5
■酸度:1.8
■アミノ酸度:2.0
越の華 しぼりたて純米吟醸生酒 酒に心あり
自家培養酵母での特徴あるお酒です。
数量限定の早春の旬の酒をお楽しみください。
■アルコール分: 16%以上17%未満
■使用米:兵庫産山田錦
■精米歩合:55%
■日本酒度:+2.0
■酸度:1.6
■アミノ酸度:1.4
いかがで酒の会についてのお問合せお申込みは
お気軽に酒の新茶屋へ
フリーダイヤル 0120-980-885

新潟地酒頒布会「いかがで酒の会」9月

9月.jpg
日本酒ファンなら
いつでも美味しい旬の酒が飲みたいと願っています。
そんな願いを14年前に叶えようとはじめたのが
酒の新茶屋の新潟地酒の頒布会「いかがで酒の会」です。
毎月2本(基本です、まれに変更の場合あり)の四合瓶が
あなたのお手元まで届きます。
内容も、利き酒師・新茶屋女将が選んだ
この時期!飲んでほしい!このお酒!
今月は、まさに「旬の酒・ひやおろし」が2本
酒米も地元産 「越淡麗」「五百万石」ののみくらべ
で、じっくりと初秋の日本酒の味わいをご堪能ください。
【今月のお酒】
越淡麗  清泉 純米吟醸 ・蔵 元: 久須美酒造(新潟県長岡市)
 ・原料米:地元産越淡麗100%
 ・精米歩合:50%
 ・アルコール度数:15-16度
 ・価格 1800ml=3,500円 720ml=1,750円
峰の白梅 特別純米酒  ・蔵 元:福井酒造(新潟県新潟市西蒲区)
 ・原料米:新潟県産 五百万石100%
 ・精米歩合:60%
 ・アルコール度:17.0%未満
 ・価格:720ml=1,315円
今月はこの2本をお届けいたします。
<<いかがで酒の会>>
毎月一回(時期は入荷日により異なります)
利き酒師・酒の新茶屋女将が貴方に代わってお酒をお選びします。
会費:3,000円(地元配達の場合)
    3,700円(地方発送本州地区の場合)
    4,100円(北海道・四国・九州地域の場合)
    4,300円(沖縄の場合)
    ※地方発送の料金の中には送料・箱代などの諸料金を全て含みます。
    ※地方発送の代金お支払いは郵便振替に限ります。
<ご入会・退会について>
ご入会は随時。酒の新茶屋まで電話0120-980-885または
メール kura@oumigawa.comde でお申込みください。
退会はご自由ですが退会月の前月までにご連絡ください。